約束の地

キャロの想い出

OS -> Linux

Ubuntu 16.04 LTS で ストレージ を フォーマット し、マウント をして使えるようにするまでの手順

注意 コマンドを羅列しただけなので、それぞれの意味を把握した上で作業しましょう。

Ubuntu 16.04 LTS で mount したディレクトリ内で作成したディレクトリやファイルの所有者が root になってしまう場合

結論 mount する際に -o オプション で gid と uid を指定してあげましょう。

Ubuntu 16.04 LTS にて smartctl を用いてストレージのヘルスチェックをする(監視する)

手順 1. smartctl をインストールする smartctl は smartmontools というパッケージに入っています。インストール後に smartctl --help でインストールされているかを確認します。 $ sudo apt-get install smartmontools -y $ smartctl --help

SSHトンネルを用いて、インターネットからアクセスできないマシンにログインする

結論 いわゆるSSHトンネリングをすればいいです。 「A」をインターネットからはアクセスできないマシン(しかしインターネットに向かっては出ていける)とし、「B」はインターネットからSSH可能なマシンとします*1。 このとき、「A」→「B」とつなぐことは可…

Ubuntu 16.04 LTS で MeCab を NEologd とともにインストールする

MeCab あえて記載する必要はないかと思いますが、形態素解析エンジンです。「和布蕪」です。 MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer Ubuntu 16.04 LTS にインストール OS や バージョン ごとに微妙にインストール方法が異なるので、…

Ubuntu 16.04 LTS で他の Ubuntu のストレージを特定のユーザでマウントする

前提 Samba は設定済みとします。 結論 $ sudo mount -t cifs //10.10.10.123/mount_taisho_no_namae /mnt/mount_suru_basho_no_namae -o username=anata_no_namae,password=anata_no_password,gid=1234,uid=1234 補足 gid と uid は、マウントするマシンで…

Webブラウザ で ターミナル を扱える Butterfly を使う

Butterfly これです。 何ができるか Webブラウザ で ターミナル の操作ができます。公式ページ をぜひご覧ください。 こんな感じになります(公式サイトの画像より)。

Ubuntu 16.04 LTS で JDK(JRE) と Maven はどこにあるか

結論 JDK (JRE) /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre Maven /usr/share/maven 備考 $ ls -l を使ってシンボリックリンクをたどっていけば分かります 参考(感謝)

Sidekiq をバックグラウンド(daemon)で起動する方法

結論 --logfile の指定は必須です。 $ sidekiq --daemon --logfile /tmp/foobar.log 補足 ヘルプを見ましょう。ググるよりもまず公式です。 $ sidekiq --help 2018-02-27T05:00:02.740Z 14493 TID-gojqgqogs INFO: sidekiq [options] -c, --concurrency INT …

Rack をバックグランド(daemon)で起動する方法

結論 $ rackup -D

cron が動かない(コマンドラインでは動く)場合には PATH が通っているかを調べる(Whenever でハマった)

結論 cron の初期パス(というか環境変数)は貧弱なので、cron の設定ファイル内に必ずパスを設定してあげましょう。「ターミナルでは動くけど cron で動かない」理由の最たるものではないかと思っています。 Whenever での例 Whenever で PATH を設定するに…

h5ai で設定したほうがよいオプション

h5ai 以前紹介しましたこれです。 オプション設定 private/conf/options.json でオプションを設定できるのですが、以下の2つはデフォルトから変えておいたほうがよいかなと思いました*1。 *1:もちろん場合によります

ヘッドレス Chrome でスクリーンショット(画像やPDF)を取得する

ヘッドレス Chrome Chrome 59 から Headless Chrome が搭載されました。PhantomJS の現状を考えると、早めにこちらに移行するのがいいかと思います。詳しくは以下の公式ページなどを。 スクリーンショットを取得する 上記の公式ページに書かれていますが、動…

monit で個別の監視項目ごとにメールで通知する方法

結論 個別の監視定義ファイルに alert foo@bar.com などと書きましょう。

Ubuntu 16.04 LTS にて Lighthouse をコマンドライン(CLI)で実行する

Lighthouse これです。

続・Ruby で UTF-8 の文字を Shift JIS の文字に変換する

以前に書いた記事の別解です。

Ubuntu 16.04 LTS に MozJPEG をインストールする

MozJPEG これです。 Guetzli と比べられるやつです。 Ubuntu 16.04 LTS に MozJPEG をインストール Ubuntu 16.04 LTS に MozJPEG をインストールするには以下の手順でソースからコンパイルしていきます。

画像、PDF、HTML(Webページ)、テキスト、Markdown、reStructuredText、xlsx(Excel)、docx(Word) などを相互変換するツール

簡単にまとめます。

monit の「matching」の正規表現でプロセスが正しく引っかかるかを確かめる方法

結論 procmatch を使いましょう。 $ sudo monit procmatch "your_regular_expression" 見つかった場合の例 $ sudo monit procmatch "your_regular_expression" List of processes matching pattern "your_regular_expression": ----------------------------…

monit で「設定ファイルの書式が正しいか」を確かめる方法

結論 $ sudo monit -t OK な場合の例 $ sudo monit -t Control file syntax OK NG な場合の例 $ sudo monit -t /etc/monit/conf-enabled/foobar:2: invalid every format '"' /etc/monit/conf-enabled/foobar:2: syntax error '*/2' 補足 monit は書式にやた…

/usr/lib/cups 配下のディレクトリのパーミッションを 777 にするとエラーログで溢れてストレージを食い潰す

結論 標題のとおりです。/var/log/cups/error_log がものすごい勢いで膨れ上がって詰みます。755にしましょう。 補足 ストレージの使用容量を調べるためには $ du -sh ./* でどんどん掘っていくとよいと思います。ncdu というターミナル用のグラフィカルなツ…

Babel で JSX をトランスパイルする(最小限操作)

目標 最小限。

JavaScript 開発のまとめ(用語、ツール……)

前提 2018/02/18 現在でかき集めた内容です リポジトリ等へのリンクを付け加えたい

webpack-dev-server に localhost 以外からアクセスできるようにする場合は disableHostCheck: true を config に書く

追記 現在では disableHostCheck は不要です*1。この記事を書いたときにバージョンの差異があったようです。 結論 単に webpack-dev-server の実行オプションに --host 0.0.0.0 と指定するだけだではだめ*2。webpack.config.js に devServer を追加し、その…

CSV をさっさと HTML で可視化したい場合は CSVtoTable が便利

状況 CSV ファイルを手っ取り早く Webブラウザ で可視化したい場合には CSVtoTable を使ってササッと変換すると楽です。

cron が動かなくてログも出力されない場合に調べるところ

結論 ログの出力先に書き込みできるパーミッションが設定されているかどうか。 補足 上記の場合だと、cron は実行されないわログは出ないわで気づきにくいです。 その他 定番の「フルパスで書いているか」も調べましょう。

Yarn での小さなハマり

Yarn ご存知 Yarn です。プチハマりしたところを書いておきます。

pyenv で Python をインストールしようとしたら5時間ハマった話(/usr/include 配下のパーミッション問題だった)

結論 /usr/include 配下のディレクトリのパーミッションが全て 744 になっていたため、コンパイルが通らなかった。

Elasticsearch は root で実行できない

現象 Elasticsearch で Permission のことを言われたらおそらく標題のことが原因の可能性があります*1。具体的には以下のようなエラーメッセージが出ます。 Could not register mbeans java.security.AccessControlException: access denied ("javax.managem…

S3 のクローンである OSS の minio を使う

minio これです。golang です。

Powered by はてなブログ