約束の地

キャロ組

OS -> Linux

Open Media Vault の Remote Mount を使った際にファイルの書き込みができない場合

結論 共有オプションで uid=12345 forceuid gid=54321 forcegid などを指定する。場合によってはnoperm も指定する。 参考 補足 特に Open Media Vault がというわけではなく、CIFS 一般のことになります。

Raspberry Pi で OpenMediaVault に SSH で初期ログインする

結論 1. GUI の SSH の設定画面で ルートログイン を一時的に有効にする 2. 以下の ユーザ名 と パスワード で SSH でログインする USERNAME root*1 PASSWORD openmediavault 3. ログインできたはず あとは各自頑張って下さい。 補足 root 以外のユーザでロ…

Raspberry Pi で OpenMediaVault を使う

結論 イメージファイル を落として MicroSD に書き込む Raspberry Pi を起動する Raspberry Pi のアドレスに Webブラウザ でアクセスする ログイン画面が出たら以下の ID と パスワード でログインする ID: admin PASSWORD: openmediavault 補足 初回起動時…

Raspberry Pi を初期設定するときに画面を見ないで設定を済ませる(SSH できるようにする)

前提 Raspbian Stretch Lite を使います 有線LAN 接続です USBキーボード を使います

Ubuntu 16.04 LTS, 18.04 LTS で再起動後にサービスを自動起動する方法

結論 $ sudo systemctl enable [サービス名] 実例 $ sudo systemctl enable ssh 補足 サービスの自動起動を止めるには disable を用います。 $ sudo systemctl disable ssh

Mac に mitamae (MItamae) をインストールする

特別に行うことはないです。 1. releases から Mac 用のバイナリをダウンロード 今の Mac なら mitamae-x86_64-darwin ですね。 2. リネームする mitamae-x86_64-darwin のままでも動かないということはないですが、mitamae という名前に変えておきます。 $ …

SSHトンネリング(ポートフォワード)で接続が切れてしまう場合の対策

結論 サーバ側の設定 /etc/ssh/sshd_configの 112行目 くらいにある ClientAliveInterval 0 を有効*1にする必要がある ClientAliveInterval の値として*2適切な値を与える(まずは 60 くらいでしょうか) SSHサーバを再起動する クライアント側の設定 .ssh/c…

Raspberry Pi (Raspberry Pi 3 Model B) では ARM 32bit のバイナリを使う(peco の例)

結論 標題のとおりですが、例えば peco をインストールする場合には、Releases のページから peco_linux_arm.tar.gz をダウンロードしてインストールします。 それ以外のバイナリでは実行時に 実行形式エラー と怒られて実行できません。 補足 uname -m を実…

Raspberry Pi で CLI でサクッとサーバを立てて SSH するまで持っていく

結論 1. OS のイメージを落とす Raspbian の Stretch Lite の方を落とします。 2. OS のイメージを MicroSD に書き込む 公式ドキュメントで説明されているとおり、Etcher というイメージ書き込みソフトを用います。 3. HDMI でモニタにつなぎ キーボード を…

Ubuntu で名前解決ができないとき

症例 外からは入ってこられる*1けど外に出ていけない。 結論 /etc/resolv.conf が適切でない ただし、Ubuntu ではこれを直接編集しないで /etc/network/interfaces を編集する*2 *1:SSH で入れる *2:再起動時に /etc/resolv.conf 自体はリセットされるため

SSH で トンネル するときに注意すること

背景 自分がドハマりしてしまったので同じようなことをしてほしくないから*1。 注意すること 登場するメンバーは 3人 いるということ 接続元 踏み台 接続先 上記のうち、踏み台については単に経由するだけなので、そこのポート番号を考える必要はない ただし…

Docker で IPアドレス を固定する方法

結論 オーソドックスな方法の一つです。 1. Docker の ネットワーク を作成する 以下のようにしてネットワークを新規に作ります。--subnet=10.123.123.0/24 の部分は場合に応じて変更します*1。 $ docker network create --subnet=10.123.123.0/24 my_docker…

Wekan を Docker で起動しようとしても起動しない(アクセスできない)場合

Wekan Trello のクローンの OSS です。 結論 その1 アプリのポートは 8080番ポート をさらけ出していますか? v1.24 からは、従来の 80番ポート に代わって 8080番ポート が外に開けられるようになりました。 その2 MongoDB のイメージのバージョンを正しく…

Ubuntu 16.04 LTS または Linux Mint 18.2 Sonya に Docker CE をインストールする

前提 インストールする対象の OS は Ubuntu 16.04 LTS または Linux Mint 18.2 Sonya です インストールする(された) Docker CE のバージョンは Docker version 18.06.0-ce, build 0ffa825 です

Ubuntu で pyenv で Python を ビルド しようとしたら bz2 と sqlite3 がないと怒られたとき

状況 以下のような状況です。 $ pyenv install 3.7.0 Downloading Python-3.7.0.tar.xz... -> https://www.python.org/ftp/python/3.7.0/Python-3.7.0.tar.xz Installing Python-3.7.0... WARNING: The Python bz2 extension was not compiled. Missing the …

シェルからパーミッションを一気に変更するコマンド

パーミッションを一括変換 誤ったパーミッションの設定をしてしまったとき、一気にそれを変えるためのコマンドです。find を使えばシェルでできます。 具体例 以下のコマンドですと「ファイルが全て0644」となり「ディレクトリが全て0755」になります。 $ fi…

パーミッション分類

どういう場合にどういうパーミッションを与えるか 結論 0644 一般的なファイル シェルの設定に umask 0022 と書くこと 0755 一般的なディレクトリ 実行可能ファイル 0600 鍵ファイルや ~/.ssh など 0777 Webに公開するディレクトリかつ書き込みが行われるデ…

Windows 10 の Ubuntu 18.04 のファイルは Windows 上ではどこにあるか

結論 C:\Users\foobar\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.Ubuntu18.04onWindows_12abcd3efghij\LocalState\rootfs 補足 foobar のところにはユーザー名が入ります CanonicalGroupLimited.Ubuntu18.04onWindows_12abcd3efghij の 12abcd3efghij …

Windows から Samba の ファイル や フォルダ を Git で扱うと内容が変わっていないのに全て Modified 扱いになるとき

結論(理由) パーミッションが変わった。 結論(対応方法) umask で設定する値と smb.conf で設定する値を同一にするとよい。例えば、umask が 022 ならば、smb.conf は以下のように書きます。 [your_share_name] path = /path/to browseable = yes writab…

PostgreSQL で postgres ユーザ(root ユーザ)のパスワードがわからなくなった時

postgres ユーザ(ロール) PostgreSQL では postgres というユーザ(ロール)がいわゆる root ユーザになりますが、こいつのパスワードを忘れたときの対処法です。 結論 1. pg_hba.conf を編集して認証をスキップさせる Ubuntu 16.04 LTS ならば /etc/postg…

SSH で IPアドレス でアクセスすると Permission denied (publickey) になる

結論 ググりまくったけど前例が見つからず、完全解決していない*1。またもやドハマりした(している)。 前提 パーミッションやら何やらは問題なく設定できていると思います*2。 *1:たぶん簡単なことだと思う *2:もしかしたらできていないのが原因かも……

XShell を用いて SSHトンネル を作る方法

XShell Windows用 の SSHクライアント です。現状ではこれが Windows ではベストだと思っています。個人利用ならばフリーです。 SSHトンネルを構築する XShell を用いて SSHトンネルを構築する方法を示します。なお、事前の準備としていわゆる踏み台サーバの…

rsync で --exclude を指定したのに正しく除外されない場合

結論(の一つ) --exclude オプションのディレクトリ指定は sync先 の 相対パス で書く。

psコマンドで出力したプロセスはどこの場所(パス)で実行されているか

背景 psコマンドを実行したら以下のような表示になり、この unicorn を何?出どころはどこ?となりました。 $ ps aux | grep unicorn foobar 4856 0.0 0.1 86892 17952 ? Sl 2月20 0:02 unicorn master -c unicorn_config.rb -D

Ubuntu 16.04 LTS で ストレージ を フォーマット し、マウント をして使えるようにするまでの手順

注意 コマンドを羅列しただけなので、それぞれの意味を把握した上で作業しましょう。

Ubuntu 16.04 LTS で mount したディレクトリ内で作成したディレクトリやファイルの所有者が root になってしまう場合

結論 mount する際に -o オプション で gid と uid を指定してあげましょう。 補足 外付けストレージが頻繁に /dev/* を変えてくる場合にも有効です。 参考

Ubuntu 16.04 LTS にて smartctl を用いてストレージのヘルスチェックをする(監視する)

手順 1. smartctl をインストールする smartctl は smartmontools というパッケージに入っています。インストール後に smartctl --help でインストールされているかを確認します。 $ sudo apt-get install smartmontools -y $ smartctl --help

SSHトンネルを用いて、インターネットからアクセスできないマシンにログインする

結論 いわゆるSSHトンネリングをすればいいです。 「A」をインターネットからはアクセスできないマシン(しかしインターネットに向かっては出ていける)とし、「B」はインターネットからSSH可能なマシンとします*1。 このとき、「A」→「B」とつなぐことはも…

Ubuntu 16.04 LTS で MeCab を NEologd とともにインストールする

MeCab あえて記載する必要はないかと思いますが、形態素解析エンジンです。「和布蕪」です。 MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer Ubuntu 16.04 LTS にインストール OS や バージョン ごとに微妙にインストール方法が異なるので、…

Ubuntu 16.04 LTS で他の Ubuntu のストレージを特定のユーザでマウントする

前提 Samba は設定済みとします。 結論 $ sudo mount -t cifs //10.10.10.123/mount_taisho_no_namae /mnt/mount_suru_basho_no_namae -o username=anata_no_namae,password=anata_no_password,gid=1234,uid=1234 補足 gid と uid は、マウントするマシンで…

Powered by はてなブログ