約束の地

キャロ組

VSCode でメモをとる拡張機能の VSNotes が便利

VSNotes

Visual Studio Code の拡張機能に VSNotes というものがあります。

VSCode 上でメモをとることができる拡張機能です。以下のような特徴があります。

  • 実体は指定したディレクトリ配下の実ファイル
    • 階層構造で管理ができる
  • タグを指定することができる
    • メモファイルの冒頭にタグを記述した YAML が埋め込まれます
    • タグでメモの区分ができる
  • Git でバージョン管理(というか保存というか)ができる

使い方

1. インストールと最低限の設定

使い方は簡単です。まず拡張機能をインストールします。その後、拡張機能の設定画面に行きます*1

f:id:gregminster:20181217114447p:plain

VSnotes: Default Note Path だけは設定が必須です。メモファイルが保存される場所を指定します。例えば ~/watashi_no_vsnotes のような感じです。

他の設定項目は好きなように設定してみて下さい。

2. メモを取る

実際にメモを取るには「コマンドパレット」を出して VSNotes: Create a New Note を選択すればよいです。デフォルトのファイル名などは「1.」の設定に従います。

f:id:gregminster:20181217114352p:plain

ファイルを作成すると最上部に YAML 形式でタグを入力する場所が作られていますので、タグを入れたい場合は設定します。

f:id:gregminster:20181217114404p:plain

あとはファイルを保存すればメモが保存されます。

3. Gitで管理する

メモファイルを Git で管理することができます。メモファイルのディレクトリ(「1.」の VSnotes: Default Note Path)が Git 管理配下にあることが必要です。

ディレクトリが Git 管理配下にあれば「コマンドパレット」から VSCodes: Commit and Push を選ぶことでコミットとプッシュができます。ローカルリポジトリだけ用いる*2ということはできないようです*3

f:id:gregminster:20181217114421p:plain

f:id:gregminster:20181217114508p:plain

結論

なかなか便利な拡張機能だと思います。同種の拡張機能と違い、タグや Git の機能があるのが特徴的だと思いました。

*1:VSNotes Conf...

*2:コミットだけする

*3:できるのかも

Powered by はてなブログ