約束の地

キャロ組

Node.js のバージョン管理に ndenv を使う(nvm ではなく)

nvm ではなく ndenv を使う理由

nvm でのバージョン管理は、ユーザ単位ですべての場所(ディレクトリ)での実行バージョンが統一されます。rbenv のように、ディレクトリごとにバージョンを使い分けたいので ndenv を使います。

インストール方法

rbenv や pyenv と同じです。

1. git clone する

git clone してシェルの設定ファイルに登録します。

$ git clone https://github.com/riywo/ndenv ~/.ndenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.ndenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(ndenv init -)"' >> ~/.bash_profile

シェルの再起動を忘れないようにしましょう。

2. node-build プラグインを入れる

node をビルドするために node-build プラグイン を入れます。

$ git clone https://github.com/riywo/node-build.git $(ndenv root)/plugins/node-build

3. 好きなバーションの node をインストールする

$ ndenv install 9.5.0 と実行すれば v9.5.0 がインストールされます。現在利用できるバージョン一覧を表示するためには $ ndenv install -l を実行します。

$ ndenv install -l
Available versions:
  v0.1.14
  v0.1.15
  v0.1.16
(中略)
  v9.3.0
  v9.4.0
  v9.5.0
  iojs-v1.0.0
  iojs-v1.0.1
  iojs-v1.0.2
(中略)
$ nvm install 9.5.0

4. node を使う設定をする

  • 「グローバル」で使うバージョンを指定するには $ ndenv global 9.5.0 と実行します
  • 「ローカル」で使うバージョンを指定するには $ ndenv local 9.5.0 と実行します

ここで「グローバル」で指定されたバージョンは、「そのユーザが任意の場所で実行したときに実行されるバージョン」になります。「ローカル」で指定されたバージョンは、「$ ndenv local が実行されたディレクトリ配下で実行されるバージョン」になります。二つの違いを確認するためには $ node -v をしてみるとよいかと思います。

補足

nvm を削除する場合は以下のコマンドを実行しましょう。

$ rm -rf $NVM_DIR ~/.nvm

参考ページ(大感謝!)

Powered by はてなブログ