約束の地

キャロの想い出

Wekan で「管理者」権限を追加したい場合やユーザを削除したい場合

環境

  • Docker 運用
  • v0.23 2017-05-21

Wekan における「管理者」

新規に追加された「管理者」の概念ですが、旧版からのアップデートだと誰も「管理者」ではありません。また、新規に Wekan を運用し始めた場合でも、最初の登録ユーザだけが「管理者」です。

現時点ではウェブのインターフェイスから「管理者」をあれこれできないと思いますので、何とかしましょう。

結論

データベースを直接書き換える。

解説(概要)

usersコレクション内のドキュメントにそのものズバリ、"isAdmin"というキーがあります。これをtrueにしてあげれば「管理者」です。

解説(具体的手順)

以前書いた、「Wekan でメールアドレス認証ができない場合」の記事を参考にしてください。同じ手順でできると思います。


ユーザを削除したい場合

管理者権限の付与の方法に続いて、ユーザを削除したい場合もデータベースを直接いじります。

具体的なコマンド

MongoDBに入って以下のコマンドを実行すれば OK です。usersコレクションから該当ユーザが削除されます。

> db.users.remove( {"username": "削除したいユーザ名"})

余談

発展途上の「管理パネル」への実装が期待されますね。

補足

実はCHANGELOGv0.11.1-rc2 2017-03-05 Wekan prerelease内、Admin Panel:のところに書いてあります。

Powered by はてなブログ