読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Ubuntu 16.04 LTS に VirtualBox と Vagrant をインストールする方法

Ubuntu「に」Vagrant環境を構築する

Windows や macOS「に」Vagrant の環境を構築する記事はよく見ますが、Ubuntu「に」構築する記事はあまり見ないのでまとめます。とは言え、ドキュメントどおりです。

VirtualBox のインストール

手順は下記の公式ページに丁寧に書かれていますが、具体的に示していきます。

Linux_Downloads – Oracle VM VirtualBox

リポジトリの追加

リポジトリを追加しましょう。/etc/apt/sources.listに以下の行を追加します。Ubuntu 16.04に入れるのでxenialと指定しています。

deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian xenial contrib

鍵を追加

鍵を追加します。以下で。

$ wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -

VirtualBox をインストール

あとはVirtualBoxをインストールするだけです。少し時間がかかります。なお、バージョンを明示的に指定すれば*1 、指定しなかった場合とは異なるバージョンを入れることもできます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install virtualbox

インストールできたらバージョンを確認して、正しくインストールされたかを確かめてみます。

$ virtualbox --help                                                                       
Oracle VM VirtualBox Manager 5.0.36_Ubuntu
(C) 2005-2017 Oracle Corporation
All rights reserved.

Usage:
(以下略)

Vagrant のインストール

次にVagrantを入れます。ダウンロードページからdebファイルを落としてdpkg -iすればいいだけです。2017/04/23 時点での最新版は 1.9.3 になっています。

deb ファイルをダウンロード

wgetでいいでしょう。

$ wget https://releases.hashicorp.com/vagrant/1.9.3/vagrant_1.9.3_x86_64.deb

インストール

dpkg -iすればいいでしょう。インストールできたならば deb ファイルは削除して構いません。

$ sudo dpkg --install vagrant_1.9.3_x86_64.deb

確認

バージョンを確認して、正しくインストールできているかを確かめます。

$ vagrant -v                                                                              
Vagrant 1.9.3

環境を構築する

あとは Box を用いて環境を構築していけばいいでしょう。

*1:sudo apt-get install virtualbox-5.1 など

Powered by はてなブログ