約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

「Suikoden(幻想水滸伝)」は世界共通のゲーム言語

Xbox 360では外国人のフレンドさんが多いです。一回オンラインプレイをしたぐらいでも積極的にフレンド申請してきてくれます。そんな中、ある2通の写真付きメッセージが自分のもとに届きました。

ご覧の通り、海外版の「幻想水滸伝」です(「Suikoden」)。まさか「Suikoden Tactics」までひっつけてくるとは…(IIIが無いのが気になるけど*1)。このフレンドの方は自分のゲーマータグ(gregminster)に反応してフレンドになってくれた方です。そのため「Suikoden」に関することを時々メッセージし合ってます。

「Suikoden」の日本での評判、レビューとか。「Suikoden VI」はどうなっているのとか。「Mr. Murayama」は今何をしているのとか。

Xbox 360というハードを通じて*2幻水でフレンドができる。「Suikoden」は世界共通のゲームであるということを再認識しました。ゲームが持つコミュニケーション要素というのはとても広く深いものですね。

*1:もっと言えば「外伝」や「ティアクライス」も

*2:もともとはPlayStation用ソフトなのに

Powered by はてなブログ