約束の地

キャロ組

Capistrano で Rails をデプロイする際に db:migrate をしない方法

結論

/Capfile(の一部)を以下のように記述する。

# require 'capistrano/rails'

require 'capistrano/bundler'
require 'capistrano/rails/assets'
# require 'capistrano/rails/migrations'

補足

require 'capistrano/rails' はその下の 3つ をひっくるめて呼び出すのでまずこいつを無効にします。その上で require 'capistrano/rails/migrations' を別途無効にしています。

参考

公式のドキュメントにしっかりと書いてありました。

背景

既存の DB を読み込み専用として扱いたい場合に*1このようにしました。

*1:かなり特殊なケースかと思いますが……

Powered by はてなブログ