約束の地

キャロ組

Docker を管理する Webアプリ Portainer を Docker Compose で起動する

Portainer

これです。

Shipyard という素敵なプロダクトがあったのですが、そちらが終了のためにこちらへの移行がなされています。

結論

以下のような docker-compose.yml になります。

version: '2'

services:
  portainer:
    container_name: my-portainer
    hostname: my_portainer
    image: portainer/portainer
    ports:
      - "12345:9000"
    command: -H unix:///var/run/docker.sock
    volumes:
      - /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock
      - data:/data
    restart: always

volumes:
  data:

補足

公式ドキュメント と違うところは以下の点です。

  • container_namehostname を付与して名前をきれいにした
  • restart: always を付与して常に起動している状態にした
  • volumesportainer_data から data に変更し、volume の名前が portainer_portainer_data というふうに見栄えが悪くならないようにした

最後の項目は、公式ドキュメントどおりに volumes: portainer_data と命名すると、docker volume ls で見ると以下のように命名されていることが分かります。portainer という文字が二重になっていてイケてない。

$ docker volume ls
DRIVER              VOLUME NAME
local               portainer_portainer_data
Powered by はてなブログ