MinIO をサービスとしてインストールする

MinIO とは

  • S3 互換の OSS です

min.io

サービスとしてインストールする

Download のページには単一バイナリを落としてきてからの起動方法が書かれています。これは確かに簡単なのですが、実際にはサービスとして起動する方が便利です。

サービスとして起動する(登録する)方法は GitHub のドキュメント に書いてあります。以下、その方法です。

結論

1. MinIO を /usr/local/bin 配下にインストールする

Download より、パッケージマネージャを使ってインストールすると自動的に /usr/local/bin 配下にインストールされるので、これが楽でしょう。手動でバイナリを配置してもよいです。

2. /etc/default/minio を作成する

/etc/default/minio を作成します。このファイルは自動では作られないので、まっさらな状態から作ります。

ドキュメントでは例として以下の内容が書かれています。これを自分に合わせて編集すればいいでしょう。ここで、MINIO_OPTS--address--console-address では意味が異なるので注意です*1

# Volume to be used for MinIO server.
MINIO_VOLUMES="/tmp/minio/"
# Use if you want to run MinIO on a custom port.
MINIO_OPTS="--console-address :9001"
# Root user for the server.
MINIO_ROOT_USER=Root-User
# Root secret for the server.
MINIO_ROOT_PASSWORD=Root-Password

3. サービスのためのスクリプトを設置する

/etc/systemd/system 配下に minio.service を配置します。ひな形が用意されている のでそれを用いるとよいでしょう。

4. サービスを起動する

サービスを起動します。minio.service を配置した直後は以下のように inactive 状態かと思います。

$ sudo service minio status
● minio.service - MinIO
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/minio.service; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: inactive (dead)
       Docs: https://docs.min.io

これを起動します。

$ sudo service minio start

ステータスを確認します。

$ sudo service minio status
● minio.service - MinIO
     Loaded: loaded (/etc/systemd/system/minio.service; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: active (running) since Sun 2021-08-29 08:04:57 JST; 853ms ago
       Docs: https://docs.min.io
    Process: 96339 ExecStartPre=/bin/bash -c if [ -z "${MINIO_VOLUMES}" ]; then echo "Vari>

5. Webインターフェイスで起動を確認する

Webインターフェイスにアクセスして動作を確認します。ポート番号は「2.」の設定ファイル内で指定した番号です。

http://localhost:9001

6. OS 起動時に自動でサービスを実行させたい

OS 起動時に自動でサービスを実行させたい場合には以下のコマンドを実行しておきます。

$ sudo systemctl enable minio.service

*1:Webインターフェイスのポートが --console-address、aws cli など用のポートが --address

Powered by はてなブログ