GitHub Actions の runs-on で指定する Ubuntu には結構いろいろ最初から入っている

結論

以下、公式ドキュメントの抜粋です(他にもいろいろと入っています)。

Installed Software

Language and Runtime

  • Node 14.18.1
  • Perl 5.30.0
  • Python 3.8.10
  • Python3 3.8.10
  • Ruby 2.7.0p0

Package Management

  • Npm 6.14.15
  • Pip3 20.0.2
  • RubyGems 3.1.2
  • Yarn 1.22.17

Tools

CLI Tools

Browsers and Drivers

  • Google Chrome 94.0.4606.81
  • ChromeDriver 94.0.4606.61
  • Mozilla Firefox 93.0
  • Geckodriver 0.30.0
  • Chromium 94.0.4606.0

Databases

MySQL

  • MySQL 8.0.26
  • MySQL Server (user:root password:root)

Cached Tools

Go

  • 1.14.15
  • 1.15.15
  • 1.16.9
  • 1.17.2

Node.js

  • 10.24.1
  • 12.22.7
  • 14.18.1

Ruby

  • 2.5.9
  • 2.6.8
  • 2.7.4
  • 3.0.2

Web Servers

Name Version ConfigFile ServiceStatus ListenPort
apache2 2.4.41 /etc/apache2/apache2.conf inactive 80
mono-xsp4 4.7.1 /etc/default/mono-xsp4 active 8084
nginx 1.18.0 /etc/nginx/nginx.conf inactive 80

公式ドキュメント

全ての中身は以下に書いてあります。

github.com

補足

GitHub Actions のイメージが標準で入れてくれているぐらいなので、ここに入っているサードパーティ系のツールはある意味デファクトスタンダードに近い、という見方もできます。

Powered by はてなブログ