Visual Studio Code を用いて Rails の RSpec を効率よく実行する

結論

  • Test Explorer UI という拡張機能をインストールします
  • 上記の拡張機能の拡張機能である、Ruby Test Explorer ををインストールします

Text Explore UI の設定をします(私はデフォルトのままにしました)

Ruby Test Explorer の設定をします

  • 個人的には、以下の設定はしておいたほうがいいと思います
    • Ruby Test Explorer: Logfile
    • Ruby Test Explorer: Logpanel(チェックを入れる)

実行方法

拡張機能の性質として、全ての Spec を実行するものではなく、現在書いている Spec をこまめに実行することを目的とします。全ての Spec を実行するのは時間的に全く現実的ではないです*1し、マシン環境によっては並列実行ができないため、本来通るべきテストが通らなかったりします。

実行可能なテストの単位の場所に、Run | Show in Test Explorer のような文字が浮かび上がっています(「コードレンズ」と呼ぶようです)。そこで Run をクリックすれば、その単位でのテストだけが走ります。

キーボードだけで操作を完結するには、コマンドパレットから、

  • Test Explorer: Run the test at the current cursor position
  • Test Explorer: Run tests in current file

を選ぶとよいです。少しずつコードを修正してトライアンドエラーを繰り返す場合にはこの方法がよいでしょう。

f:id:gregminster:20200229195406p:plain

*1:小規模なテストなら大丈夫だと思います

Powered by はてなブログ