約束の地

キャロ組

ghch の --from オプションでは、指定したコミット自身は対象に含まれない

ghch

こちらです。Git のタグやマージから CHANGELOG を作成してくれるソフトウェアです。

--from オプションを指定した場合、指定したコミット自身はログに出力されない

ghch には --from オプションがあります。

$ ghch --help
Usage:
  ghch [OPTIONS]

Version: 0.10.0 (rev: HEAD)

Application Options:
  -r, --repo=         git repository path (default: .)
  -g, --git=          git path (default: git)
  -f, --from=         git commit revision range start from
  -t, --to=           git commit revision range end to
      --latest        output changes between latest two semantic versioned tags
      --token=        github token
  -v, --verbose
      --remote=       default remote name (default: origin)
  -F, --format=       json or markdown
  -A, --all           output all changes
  -N, --next-version=
  -w                  write result to file

Help Options:
  -h, --help          Show this help message

このオプションで、例えば以下のように指定したとします。

$ ghch --from=a123456

このとき、a123456 のコミットは ghch の出力に 含まれません

補足

なので、コミット自身を含ませたい場合は例えば以下のようにして2つ前のコミットハッシュを取得して指定すればいいかと思います*1

$ git log --oneline | grep "Merge pull request" | head -n 2 | tail -n 1
f654321 Merge pull request #123 from foo/bar

*1:下記の結果から正規表現などでコミットハッシュを抽出する

Powered by はてなブログ