約束の地

キャロ組

WSL の Ubuntu で Windows のドライブをマウントした際にそれらの中身に chmod が効かない場合

結論

マウントする際に metadata オプションを付与する。

答えそのもの

遠因

補足

これでようやく WSL*1 での Ubuntu 運用が「使い物にならない」レベルからは脱却できたかと思います。

が、実際には WSL ならば Vagrant や Docker の方がよいかもしれませんし、Raspberry Pi に Samba の組み合わせが一番な気がします。Windows にパーミッションが無いのと改行コードが LF でないのとで、どう頑張っても無理しないと環境が作れないのはやはり厳しいです。

*1:Windows Subsystem for Linux

Powered by はてなブログ