約束の地

キャロ組

Mac では GC550 や CV710 での実況はできない

注意

2018年9月9日現在の情報です。

GC550 や CV710とは

AVerMedia のキャプチャデバイスです。

GC550

CV710

Mac ではどちらを使っても「実況」はできない

Mac に接続した場合、どちらの製品を用いても「実況」することはできません。それぞれの製品についての詳細は以下のとおりです。

GC550

  • そもそも Mac のドライバがないので接続しても認識しない
  • 何もできない

CV710

  • Mac 用の「ソフトウェア」は用意されている
  • 上記ソフトウェア(RECentral)を用いることでソフトウェア上に画を表示させることはできる
  • 表示させた画を上記ソフトウェアの機能を用いて「録画」することはできる
  • しかし例えば一般的な OBS などのソフトに渡すことはできない
    • 理由は ここ にあるとおりです

結論

Mac で実況をそれなりの画質で行いたい場合は Intensity Shuttle しかなさそうです。ただこの製品は 1080p/30fps が上限という致命的な問題があります。

Mac で 1080p/60fps で「実況」を行う場合は AVT-C878 一択っぽいです。

Mac で実況は厳しい……。

余談

CV710 なら 1080p/60fps で「実況」ができると思って飛びついたのですが 15,000円 が無と帰しました……。

Powered by はてなブログ