約束の地

キャロ組

Windows から Samba の ファイル や フォルダ を Git で扱うと内容が変わっていないのに全て Modified 扱いになるとき

結論(理由)

パーミッションが変わった。

結論(対応方法)

umask で設定する値と smb.conf で設定する値を同一にするとよい。例えば、umask022 ならば、smb.conf は以下のように書きます。

[your_share_name]
path = /path/to
browseable = yes
writable = yes
create mask = 0644
force create mode = 0644
directory mask = 0755
force directory mode = 0755
map archive = no

補足

こちらの記事も参照してみてください。

補足

Windows でのファイル操作では、改行コードとパーミッションの話が嫌というくらい付きまとってきますね。

Powered by はてなブログ