約束の地

キャロの想い出

Legato でプロファイル(ビュー)を選ぶ方法

Legato

Google Analytics の API を扱うときに便利な gem です。

ビューを選択する

APIの認証が済んだユーザは次の段階で「ビュー」を選択することになります。その際の選択方法を記します。以下、認証が済んだユーザのオブジェクトを ga_user とします。また、選ばれた「ビュー」のオブジェクトは @target_profile に格納します。

選択方法その1. 「ビューID」で選択する

GAの管理画面で「ビューの設定」から確認できる「ビューID」を用いてビューを選択する方法です。以下のとおりになります。

ga_user.profiles.each do |profile|
  @target_profile = profile if profile.id == '12345678'
end
@target_profile

これで「ビューID」が「12345678」のビュー(プロファイル)が選択されました。注意点は、「『ビューID』は文字列である」という点です。したがって、クォートして判定文を書く必要があります。

選択方法その2. 「ビュー名」で選択する

GAの管理画面で「ビュー設定」から確認できる「ビュー名」を用いてビューを選択する方法です。以下のとおりになります。

ga_user.profiles.each do |profile|
  @target_profile = profile if profile.name == 'ランディングページ集計ビュー'
end
@target_profile

これで「ビュー名」が「ランディングページ集計ビュー」のビュー(プロファイル)が選択されました。直感的でそのままだと思います。

補足

上記を見ればわかるとおり*1ga_user.profilesには、そのユーザがアクセスできるビューの「かたまり」が入っています。したがって、eachでそれをバラして条件に合致するものを取得する、という流れになっています。

*1:そしてメソッド名を見ればわかるとおり

Powered by はてなブログ