約束の地

キャロの想い出

Ubuntu 16.04 LTS に Zabbix 3.2 を MySQL を DB としてインストールする

結論

  • Ubuntu 16.04 + MySQL だと Zabbix 3.0 は入らないです*1
    • なぜならlibmysqlclient18が入らないから
    • PostgreSQLMariaDBならいけるっぽい
  • なので3.2を入れます(3.2なら入る)*2
  • Apache2MySQLPHPが入っていないとダメです
    • 当たり前ですが
  • 依存パッケージとしてlibapache2-mod-phpが入っていないとダメです

具体的な方法

公式ページの内容に従えば迷うことなくインストールできるでしょう。

  1. リポジトリの登録
  2. $ sudo apt-get install -y zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php
  3. $ sudo apt-get install -y libapache2-mod-php

上記で「最低限の」インストールは完了です。ただ、この状態ですと後からbcmathxmlmbstringなどで怒られます。

アクセスできることを確認して追加で設定を行う

http://Apache2のルート/zabbix/にアクセスして以下の画面が出ればインストールができています。ここまで来られた人ならagentやらsenderやら日本語フォントやらは調べれば大丈夫でしょう。

f:id:gregminster:20170822174948p:plain

前出の3つのパッケージはとっとと入れておきましょう。

$ sudo apt-get install php-xml php-bcmath php-mbstring

タイムゾーンも変更していないと怒られます。/etc/zabbix/apache.confに以下のようにコメントアウトされている行があります。

# php_value date.timezone Europe/Rigaa

これをアンコメントした上で次のように修正しましょう。

php_value date.timezone Asia/Tokyo

<IfModule mod_php5.c>の部分と<IfModule mod_php7.c>の部分の両方にありますので、PHPのバージョンに合わせて場所を変更します*3

Apache2の再起動をして、Zabbixをいじってみてください。

*1:無理矢理の場合は分かりません

*2:しかしサポート期間の問題は残ります

*3:両方変更しても構いませんが

Powered by はてなブログ