約束の地

キャロの想い出

Wekan を Docker で動かす方法

Wekan

OSS のカンバンツールのひとつとしてWekanというプロダクトがあります。

Wekan — open-source kanban

Trello-likeって書いてしまっているように、Trello の OSSクローン 的な位置付けですね。

これを Docker でインストールします。

環境

  • v0.23 2017-05-21

大注意

先頭にあえて書いておきますが、MongoDB3.2.13を入れます。3.2.xより大きいと*1、画像ファイルの添付に失敗します。これはMongoDBの問題というよりMeteorの問題のようです。詳しくは以下のIssueをご覧ください。

公式のインストール方法の説明ページ

うだうだ説明するよりも、以下のページを見れば全て書いてあります。

説明

上記ページは詳しすぎるために冗長になっているところや、直ちに必要でないことが書いてあるところがあります*2ので、以下に端的にまとめてみます。dockerdocker-composeはインストールされているものとします。

1. docker-compose.ymlを書く

docker-compose.ymlさえ書いてしまえばそれだけでインストールできます*3。以下の例のようにさらっと書いてしまいましょう。アプリケーションのコンテナとデータベース(MongoDB)のコンテナを作ります。

上述しましたが、MongoDBのイメージは3.2.13を入れましょう

wekan_app:
  image: mquandalle/wekan
  container_name: your_wekan_app_container_name
  hostname: your_wekan_app_hostname
  environment:
    - MONGO_URL=mongodb://wekan_db/wekan
    - ROOT_URL=http://yourhost:12345
    - MAIL_URL=smtp://your_smtp_username:your_smtp_password@your.smtp.server:54321/
    - MAIL_FROM=your@mail.address
  ports:
    - 12345:80
  links:
    - wekan_db
  restart: always

wekan_db:
  image: mongo:3.2.13
  container_name: your_wekan_db_container_name
  hostname: your_wekan_db_hostname
  volumes:
    - ./db:/data/db
  restart: always

以下、箇条書きで簡単に補足をします。

  • 各々のコンテナのcontainer_namehostnameは分かりやすいように名前をつけます
  • アプリコンテナのMAIL_URLMAIL_FROMは入れておいたほうがいいです
  • データベースコンテナのvolumesは必ず指定して、データの永続化を図りましょう
    • MongoDBですので、ファイルをまるっとコピーするだけでバックアップや復元ができます

2. docker-compose up -dする

docker-compose.ymlが書けたならばあとはdocker-compose up -dするだけです。簡単ですね。「1.」のROOT_URLで設定したアドレスにウェブブラウザでアクセスし、ログイン画面が出れば OK です。

余談

  • Wekanの発音は「ウィキャン」ではなく「ウィカン」とのことです*4
  • 他の方のインストール記事と全く内容が変わっていないですが*5、2017年5月版ということで書いてみました
  • しばらく活動が停滞していて(いるように見えて)追っかけていなかったのですが、今年に入ってから怒涛のアップグレードが続いていて楽しみなプロダクトです

*1:3.4.x 以上?

*2:フロントエンドのプロキシのところなど

*3:Dockerfile などは不要

*4:リリース時期的に前者で発音してしまいそうになりますが、「カンバン」の「カン」の方らしいです

*5:ある意味安心ではあります

Powered by はてなブログ