読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Google Analytics の「カスタムレポート」で「ランディング ページ」を用いる時の注意点

「ランディング ページ」を「カスタムレポート」で調べる

「ランディング ページ」を調べる時に「行動」→「ランディング ページ」とたどって調べることが多いかとは思います。ただ、条件を複合させて「カスタムレポート」で調べる場合もあるでしょう。その際の注意点です。

「指標」に「ページビュー数」や「ページ別訪問数」を選んだ場合、それは「ランディング ページ」に対してではない

以下の「カスタムレポート」の設定画像を見てもらうのが早いでしょう。

f:id:gregminster:20170510150632p:plain

「ディメンション」に「ランディング ページ」(と「日付」)、「指標」に「ページビュー数」と「ページ別訪問数」を設定しています。

具体例

「A」「B」「C」と Webページ が存在するとします。そして「ランディング ページ」が「A」だとします。ユーザは次のようなページ遷移をたどったとしましょう。

A→B→C→B→C

この場合、前項で示した「カスタムレポート」の集計結果はどうなるでしょうか。

直感的結果(誤り)

直感的には以下のようになると思うかもしれません(「日付」は省略します)。

ランディングページ,ページビュー数,ページ別訪問数
A,1,1

しかしこれは誤りです。

正しい結果

正しい結果は以下のとおりになります。

ランディングページ,ページビュー数,ページ別訪問数
A,5,3

つまりどういうことか

すなわち、「『カスタムレポート』にて『ディメンション』に『ランディング ページ』を設定し、『指標』に『ページビュー数』を設定した場合、『ページビュー数』で集計される値はそのセッションで見られたページの総和である」ということです。『ページビュー数』のところを『ページ別訪問数』に変えても同じです。

「ランディング ページ」そのものの「ページビュー数」ではないということに注意が必要です。

確認方法

上記の内容を確認するには、「ディメンション」を「ランディング ページ」から「ページ」に変えるとわかります。上記内容を裏付けるような集計結果が表示されるでしょう。

f:id:gregminster:20170510151620p:plain

Powered by はてなブログ