約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Vagrantfile を修正して Windows 上のフォルダと Ubuntu 上のフォルダを同期させる方法

記事タイトル

思いっきりWindowsUbuntuって限定してしまっていますが、便宜上のことであり、いわゆる「ホスト」と「ゲスト」間なら何でもオッケーです。

方法(Vagrantfile の修正)

Vagrantfileconfig.vm.synced_folderを修正してあげましょう。ここでは Windows 上で Vagrant を動かし、Ubuntu を構築しているものとします。

Windows 側の共有フォルダ

「Vagrantfile があるフォルダを起点として」、どのフォルダを共有するかを決めます。

例えばC:\Vagrant\my_ubuntu\Vagrantfileとあった場合に、C:\Vagrant\my_ubuntu\Vagrantfile\shared_folderとしてshared_folderを共有フォルダにしたい場合の指定方法は./shared_folderとなります。

Ubuntu 側の共有フォルダ

Ubuntu 側はフルパスで書けば OK です。例えば、/home/murayama/shared_folderのような感じです。

Vagrantfile に記述

上述の例の場合だと、Vagrantfileconfig.vm.synced_folderに以下のように書きます。コメントアウトは外しましょう。

config.vm.synced_folder "./shared_folder", "/home/murayama/shared_folder"

再起動

Vagrant を再起動すれば反映されているはずです。

Powered by はてなブログ