約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

「アライアンス・アライブ」の公式 Twitter にて、村山さんとの交渉の経緯がツイートされる

「アライアンス・アライブ」

2017/03/30 に発売が予定されている「アライアンス・アライブ」ですが、公式 Twitter にて注目すべき内容がツイートがされました。

f:id:gregminster:20170122214605j:plain

村山さんとの交渉の経緯を示すツイート

とにかくまずはツイートをご覧ください。

個人的な注目点

上記の流れの中で私が個人的に注目したいところは以下の点です。

大体の企業は作るゲームの傾向や開発体制が決まっているもので、昨今はコンシューマゲームを作る仕事も激減しているため、社内に開発機能を持たず、かつコンシューマゲーム部のあるフリューだから抜け道的に実現できている、環境的な理由も大きいと思います。

これに類似した内容は過去のインタビューでも村山さんが言及しています。村山さんが参加する理由の一つとして、現在のコンシューマゲーム(コンソールゲーム)の制作の困難さに対して頑張って立ち向かおうとしているデベロッパーに対する共感や応援の意図が多く含まれているのではないかと推察しています。

村山さん自身も、デベロッパーやクリエイターがそれぞれの特徴を活かし、それが高位に融合した形で一つの作品を表現するということに重い価値を置いている方です*1。「アラアラ」ではそれが実現できる可能性が少なからずあるという希望を抱かれたのかではないかと思います。そしてそれがコンソールゲームならばなおさらです。

特に誰が何がということでもなく、このような形でコンソールゲームが作られることで、過剰に売上高だけを求める一部の流れをぶち壊してくれればと思っています。

*1:多くのインタビューでその考えを述べています

Powered by はてなブログ