読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Ubuntu 16.04 LTS に pg_bulkload をインストールする方法

pg_bulkload

COPY コマンドより便利な pg_bulkloadですが*1、Ubuntu ですとコンパイルしなければなりません。

必要なものを入れていく

コンパイルのためには以下をapt-getしましょう*2postgresql-server-devは各自のバージョンに合わせて番号を変更してください。

# apt-get install libpq-dev
# apt-get install libreadline-dev
# apt-get install libpam0g-dev
# apt-get install postgresql-server-dev-9.5
# apt-get install ledit
# apt-get install libedit-dev

コンパイル

あとは GitHub からソースを落としてきてmakemake installでオッケーです。生成されたバイナリは/usr/local/binあたりに置いとけばよいでしょう。

*1:例えば主キーが重複している場合、COPY だと問答無用で全てインポート失敗になるが、pg_bulkload だと DUPLICATE_ERRORS = -1 でスキップできる

*2:もしかしたら一部不要かも

Powered by はてなブログ