読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Ubuntu 16.04 LTS の Python3 で fake2db にてデータを作る方法

fake2db

fake2db はダミーデータを簡単に大量に作ることができる Python 用のツールです。詳しくは以下のあたりを。

Ubuntu 16.04 LTS で SQLite3 用に使おうとしたらハマった*1ので書いておきます。

pip3 でガシガシインストール

インストール自体はガンガン行って大丈夫です。apt-getdevまわりとか、pip3fakerを明示的に入れる必要があるかもしれません。そこらへんは省略します。

import のエラーが出る

問題は以下のエラーが出ることです。

# fake2db
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/local/lib/python3.5/dist-packages/fake2db/fake2db.py", line 6, in <module>
    import custom
ImportError: No module named 'custom'

custom が import 失敗しているようです。/usr/local/lib/python3.5/dist-packages/fake2db/fake2db.pyの6行目を見てみると、from custom import faker_options_containerとあり、ここでコケているようです。

ディレクトリ内を覗くとちゃんと custom があるのでこいつを直接呼んでやればよさそうです。sys.pathを使いましょう。import sysの次の行に以下のように書きます。

import sys
sys.path.append('/usr/local/lib/python3.5/dist-packages/fake2db')

これで custom を見に行ってくれます。

実行確認

確認してみます。

root@toran:/opt# fake2db
2016-12-23 15:04:43,962 root     Please use with --help argument for usage information!

OK のようですね。

*1:DBの種類以前の問題だと思いますが

Powered by はてなブログ