読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

PHP でエラーメッセージを Web ブラウザに表示させない方法

PHP

かなり今さら感がありますが。

全ての PHP ファイルに対して非表示を指定する場合

php.ini に以下のように記述しましょう。もちろん表示する場合はOnです。

display_errors = Off

個別の PHP ファイルに対して非表示を指定する場合

個々のファイルに対して指定する場合はコード内に以下のように記述しましょう。php.ini の設定よりもこちらが優先されます。

ini_set("display_errors", 0);

表示する場合は第二引数を 1 としてあげて下さい。

実際の場面では

開発環境では一括で表示をする指定、本番環境では一括で非表示にする指定、という設定でいいかと思います。例外的な場合は個別に指定してあげるということで。

本番環境でエラーメッセージが出るといろいろバレて都合が悪い場合がありますし、何よりカッコ悪いですからね。

Powered by はてなブログ