約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

SubsonicをインストールしてもURLが無効っぽいときの対処法

  • 対象OSはDebianまたはUbuntuです
  • が、内容は環境に依存するものではないと思います
  • Madsonic でも同様の方法で解決できます

サービス起動の確認

とりあえずはサービスの起動確認をしましょう。きちんと「active (running)」になっていることを確認します。

# service subsonic status
...
   Active: active (running) since 土 2016-03-05 17:56:24 JST; 12min ago
...

ログを見る

その上で所定のURLにアクセスしてもエラーでログイン画面が表示されない場合ですが、まずは何はともあれログを見ましょう。/var/subsonic には subsonic.log と subsonic_sh.log がありますが(作られますが)、この場合の原因は /var/subsonic/subsonic_sh.log の方に書いてあります。見てみましょう。

# cat /var/subsonic/subsonic_sh.log
/usr/bin/subsonic: 116: /usr/bin/subsonic: java: not found

見事に java が見つかってません。

環境変数を定義する

/usr/bin/subsonic の116行目を見てみると分かるのですが、環境変数を用いて java の位置を指定しています。これが失敗しているので not found になっています。なので、環境変数を明示的に設定してあげましょう。

書き込むファイルは /etc/default/subsonic です。このファイルはポート番号やURLのディレクトリを設定するファイルでもあります。ファイルの任意の場所(最後でいいと思います)に次の一行を追加しましょう。なおこれは私の環境(Oracle の Java 8)の場合であり、インストールしてある Java によって「java-8-oracle」の部分は書き換えて下さい。/usr/lib/jvm の配下のディレクトリ一覧を見ましょう。

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle

サービスを再起動する

service subsonic restart

再度、Webブラウザでアクセスする

これでログイン画面が無事表示されたはずです。 f:id:gregminster:20160305182040p:plain

Powered by はてなブログ