読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

UbuntuやDebianにAipoをインストールする方法

Linux VPS Web アプリ

AipoをUbuntuやDebianにインストールするためには、少し手を加えてあげる必要があります。

まずはダウンロード

ウェブページを参考にして、ダウンロードページへ行きます。適切なパッケージを選択してダウンロードをし、解凍をしましょう。

# wget https://osdn.jp/projects/aipo/downloads/64557/aipo-8.1.0-linux-x64.tar.gz
# tar zxvf aipo-8.1.0-linux-x64.tar.gz
必要なパッケージをインストール

インストール手順」のページにもあるように、以下のパッケージを入れる必要があります。

gcc nmap lsof unzip readline-devel zlib-devel

gcc unzip zlib-devel はおそらくすでに入っていると思いますので(入っていなければ入れて下さい)、nmap lsof readline-devel を入れましょう。ここで、readline-devel を入れるには、libreadline6-dev を入れます。また、もしかしたら lsof はすでに入っているかもしれません。

# apt-get install nmap
# apt-get install lsof
# apt-get install libreadline6-dev
lsof の場所を書き換える

/bin/validate.sh の68行目あたりに lsof の場所を指定している記述があるのですが、/usr/sbin/lsofになっているところ、ここは/usr/bin/lsofに書き換えましょう。

× if [ -x /usr/sbin/lsof ]; then
○ if [ -x /usr/bin/lsof ]; then

installer.sh の中身を書き換える

./installer.sh の中身も書き換えます。具体的には、41行目、51行目、54行目、57行目、60行目あたりにある、「sh bin/hogehoge.sh」というコマンドの「sh」を全て「bash」に書き換えます

× sh bin/hogehoge.sh 2>&1 | tee -a install.log
○ bash bin/hogehoge.sh 2>&1 | tee -a install.log

installer.sh を bash で実行

あとは installer.sh を実行します。この際も前項と同様に、sh ではなく bash を用います。

# bash installer.sh
ひたすら待つ

インストールが完了するまでひたすら待ちましょう。インストール完了までに、さくらのVPS(1G)の場合で約5分ほどを要しました。インストールの最後に出てくる以下のメッセージは必ず確認しましょう。

=============================================
Aipo のインストールが完了しました。
バージョン     : 8.1.0.0
インストール先   : /usr/local/aipo
PostgreSQLユーザー : aipo_postgres0
PostgreSQLパスワード: XXXXXXXXXXXX

アクセス先:
http://XXX.XXX.XXX.XXX
ID/PASSWORD:
admin/admin

起動方法:
/usr/local/aipo/bin/startup.sh
停止方法:
/usr/local/aipo/bin/shutdown.sh

管理者パスワードを何はともあれ変更する

startup.sh を実行して Aipo を起動したら、admin/adminでログインし、まずは管理者パスワードを変更しましょう。あらゆる設定項目はそれからです。

よき Aipo ライフを

自前でこれだけのグループウェアが運用できるというのは素晴らしいです。ありがたく利用させていただきましょう。

※ゴミは削除しておく

もし一度でもインストールをしかけて失敗した場合は、/tmp に /.aipo.20160302 というゴミディレクトリが残っていますので、再びインストールに取り掛かる前に削除しておきましょう。インストールが中途半端な /usr/local/aipo がある場合も同様に削除しておきましょう。/home に作られる aipo_postgres も忘れずに削除しましょう。

※ポート番号を変更する場合
  1. /usr/local/aipo/conf/tomcat.conf の「TOMCAT_PORT」を任意のポート番号に変えます
  2. /usr/local/aipo/tomcat/conf/server.xml 内、「Connector port="80" maxThreads="1000"…」となっている場所の「port」を、任意のポート番号に変えます(「1.」に合わせる)
Powered by はてなブログ