約束の地

キャロの想い出

α55のダイアル交換に約20,000円かかりました

ソニーデジタルカメラに「α55」という機種があります。個人的には代替が効かないいわゆる名機だと思っていて、とても大切に使っています。

この機種が先日壊れてしまいました。正確には右前方の「ダイアル」がほとんど効かない状態になってしまいました。回しても回してもその動作が効かないのです。ごくごくまれに効くのですが、法則性や規則性があるわけではないので、つまるところ壊れました。
f:id:gregminster:20160301060926j:plain

大事にしている機種ですので修理を申し込みます。ウェブサイトからとても簡単に申し込むことができます。事前の電話なども必要ありません。いきなり申し込んで送りつけることができます。この点とてもスムーズであると感じました。

そして宅配業者に回収され、見積もりの電話によると、費用は全て込みで\19,785-とのことでした。全て込みですので、税金であるとか、回収および返送の輸送費も込みです。

これを高いと見るか安いと見るかは様々でしょうが、繰り返し書いていますようにこの機種は愛着もあってとても大事に使ってきた機種です。と同時に性能的にも申し分ありません。それに実際的な問題として、買い替えが生じるとレンズ等の周辺機器の出費もかさみます。\20,000円で全てがすぐに丸く収まるならば修理しない手はないと考えました。

さて、数日後に修理機種が手元に戻ってきました。ソニーだけかもしれませんが、不良だったパーツをこのように返送してくれるんですよね。HDDレコーダーの修理の際は、壊れたHDDを送り返してくれました(どうしろと…)。
f:id:gregminster:20160301060855j:plain

修理後なのでもちろんダイアルの動作はOK。以前のようにキビキビ動くようになりました。その他の部分についてももしかしたらチェックや掃除などをしてくれたのかもしれません。

私にとっては安心できた修理となりました。

Powered by はてなブログ