約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

DebianでApacheを2.4に上げた際にApacheが起動しなくなった場合の対処方法

入れるつもりはなかったのですがふとしたことでDebianにApacheの2.4.10が入ってしまい、いざ2.2の設定ファイルで起動しようとしたら起動しなかったときの対処法を書きます。

なお、どうにもならなくなったので一度apt-get --pergeで2.4.10を綺麗にアンインストールして、再度2.4.10をインストールし直すということをやった上での対処法です。

a2enmod

a2enmodコマンドを実行しました。SSLも利用していたので、「ssl」を忘れずに入れました。リダイレクトをするのにProxy*なども使っていたので、「proxy」も入れました。さらにPerlのCGIを実行するために「cgi」も入れました。

# a2enmod rewrite
# a2enmod ssl
# a2enmod proxy
# a2enmod cgi
周辺パッケージ

以下のパッケージを再インストールしました。エラーが出る場合は完全に削除して入れ直しです。

# apt-get install libapache2-mod-php5 php5-gd php5-mysql php5-common php5-cli
a2ensite

上述のようにSSLを利用していましたので、a2ensiteでSSLの設定ファイルを生かします。

# a2ensite default-ssl
confファイルの書き換え

2.2のconfファイルをそのまま流用するとエラーが出るので、以下の点を書き換えました。

  • 「NameVirtualHost」を無効化
  • アクセス許可系の「Order」や「Allow」を「Require」に書き換え

以上の対処を行いApacheを起動すると、エラー無く起動して動作にも問題がなくなりました。

Powered by はてなブログ