約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

ビーズクッションは中身を変えてまで使わない

「人をダメにする」ことで有名なビーズクッション。某ネットショップで買ったのはいいが、安物だったせいかすぐに中のビーズがヘタってしまった。しかたないのでビーズを購入して中身を入れ替えようとしたのだが…

結論を言う。これはやるにはあまりにコストがかかりすぎる。自分のクッションは大きかったために、1500gのビーズでもふにゃふにゃで枕にさえもならなかった。

そして入れ替え。特にビーズの取り出し。部屋が大惨事になる。時間もかかる(3時間ぐらいかかった)。

こんな苦労をするくらいなら買い替えた方がいい。捨てるにしても、ヘタっているクッションを捨てるのだからある程度コンパクトに捨てられるだろう。

ビーズクッションは、それ自体が取り替えをする消耗品だと思う。

Powered by はてなブログ