読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

「幻想水滸伝 債」という社債

ゲーム一般 幻想水滸伝

幻想水滸伝III」が発売されるとき、コナミ社債として「幻想水滸伝 債」というのを発売したことがあります。

幻想水滸伝MGS2の愛称を冠した社債が発行に

http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0109/04/news09.html

幻想水滸伝債」、「第二回メタルギアソリッド債」発行のお知らせ(Internet Archive

http://web.archive.org/web/20080617185303/http://www.konami.co.jp/ja/news/topics/010904/

f:id:gregminster:20150516093810j:plain
f:id:gregminster:20150516093829g:plain
f:id:gregminster:20150516093838g:plain
f:id:gregminster:20150516093857g:plain

この頃は幻水の人気が非常に高く*1コナミ側としても非常に飛ばしていたんでしょう。もう発売前からミリオン確実みたいな雰囲気があったのかと推測します。社債の説明ページに「12月発売予定」と記されていることから、まだ延期が発表される前だったことも関係していると思います。

この社債を購入した人には幻水IIIのソフトが贈られることになっていました*2。ウェブページにまとめていらっしゃる方がいましたので参考にご覧下さい。

非売品ゲームソフト画像〜幻想水滸伝III 幻想水滸伝債発行記念

http://homepage3.nifty.com/tarenosuke/gazou-genso.html

今となってはこのような社債を発売するほどの勢いみたいなものは無いようです。この例も実験的なものだったのでしょう*3。ただ、社債のような直接的な手段でなくてもいいので、ユーザから開発側に何か応援していることを伝えるメッセージアイテムみたいなものは欲しいと考えています。

それは今となってはやはりネットを使うことになるのかもしれません。こうやって幻水のエントリを書くこと自体が応援につながっているという見方もあります。

まだファンは多くいますし、たくさんの期待を持って様々な想いを抱いていると思います。どうかそれに少しでも応えてほしいと願っています。

*1:いや、今も高いですが

*2:限定的な特殊版

*3:他に「ときメモ」の社債もありました

Powered by はてなブログ