約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

Twitterの始め方(補足)

アクセス数が…

うおっ!何か前回のエントリがたくさんの人に見られてる…。何事かと思ったら、manameさんによる「まなめはうす」に捉えられていたんですね。

もともと周囲の比較的狭い範囲の人向けに書いたエントリですので、皆さんに見られることでボロが出てくるというもので…。いろいろご指摘いただきありがとうございます。いくつか追記・補足しようと思います。

Twitterの本

まずいきなり本題から外れますが、Twitterの本が出るようですね。ちょっと割高かな…とも思いますが、本という媒体はそれからでしか得られないような情報が詰まっています。いつでもどこでも気楽に参照できるのもいいところです。自分自身もこの本はチェックしてみます。

「ふぁぼったー」について

すでに前回のエントリには脚注にて補足しておきました。完全に先走ってピントがずれた説明をしておりました。申し訳ありません。正しくは、「twitterで人気の発言をチェックできる」Webサービスです。訂正・補足しておきます。

「エコー」との同時ポストについて

確かに、Twitterとエコーの同時ポストは、片方のユーザーにとっては意味不明なポストが投げられることになるかもしれません*1。ただ、それをきっかけにTwitter、あるいはエコーの方に興味を持ってくれればいいなという意図があります。現時点での運用*2は、「Twitterのポスト→エコーへポスト」なので、Twitter側にエコーのポストが行くということはないです。

なので起こりうることは、「「エコー」の方にTwitterの発言が行くこと」になります。「エコー」に、「@hogehoge おはよう!」などのポストが行くことになると。

mixiEchoAlertでは選択的にクロスポストができる機能もあるので(詳細設定より)、そこらへんも使いつつ、もう少し運用方法を検討してみます。

「使い方」への誘導

前回のエントリでは、Twitterの「始め方」に終始して「使い方」についてはほとんど触れませんでした。だけどそれでは何なので、せめて少しはサイトやエントリを紹介しなければと思い追記します。

前述のmanameさんのサイトに、分かりやすいエントリがあります。このエントリから、最後の「関連:Twitterをはじめる人へのアドバイス」をたどり、そこからまたリンクをたどっていけば、「使い方」についてもほぼ理解できるでしょう。分かりやすいエントリを書いて下さっているmanameさんに感謝です。

そんなわけで

Twitter、始めてみませんか?

*1:というか、なる

*2:前回のエントリで紹介した運用方法

Powered by はてなブログ