約束の地

あの日あの時のキャロの想い出

「ティアクライス」に関する他サイト様のエントリ

はぁ…。もう言葉が出ないです。凄いです。凄すぎます。何がって、エントリです、エントリ。

昨日、「幻想水滸伝 ティアクライス」の公式サイトオープンについてのエントリを書きましたが、あんなヘボエントリでなく、もっと鋭い考察と深い洞察に満ちたエントリを書かれた方がいらっしゃいました。

毎度の紹介になってしまいますが*1、「* M J B ! *」様のエントリです。

* M J B ! *: 『幻想水滸伝 ティアクライス』公式ディザーサイトオープン
http://mjb.cside.to/archives/2008/08/tierkreis_080822.html

エントリ前段はお決まりの更新情報説明なのですが、中段〜後段にかけての分析が凄すぎます。もはや「凄い」という陳腐な言葉でしか表現できない自分が情けないです。提示されている情報を隅々まで読み取り、それを噛み砕いて、分かりやすく表現するという、表現の基本を忠実に実行していいます。自分のエントリと比較すると、いかに自分が「深さ」のない文章を書いているかが分かっていて恥ずかしいことこの上ないです*2。ブログは自分のペースで、自分のできる範囲で書いていけばよいと思っていますが、それにしても凄い。

まぁあまり語り出すとブログ論とかになってしまうので避けますが、とにかく必見です! 「ティアクライス」の情報を求めている方は絶対に見ておくことをオススメします!

これだけで終わってしまってはニュース・速報的なエントリの域を出ないので、最後に自分らしさを出す内容を少しだけ書いておきます。

それは「衣装」のことです。パッと見た感じ、衣装的に一番近いのは「幻水III」かなと思います。ただ、「I」や「II」の要素も少し入ったいるかなとも思います。正直なところ、作りやすさで言えば作りやすいでしょう。細かいパーツがたくさんあって面倒ではありますが。

ただ、やはり実際にゲームをプレイしてそのキャラを把握してから着たいという願い*3がありますので、やるとしてもどのキャラをやるかは実際にゲームが出てから、あるいは情報がほぼ出尽くしてから、ということになるでしょう。ウィッグが似合わないことは自覚しているので、できるだけ黒髪のキャラクターがいいのですが、主人公はちょっと違うし*4、その他のキャラクターも現時点で発表されている限りでは、まだ分からない部分が多すぎます。

今までのシリーズでは幸いにして自分に合う*5キャラクターがあったのですが、この「ティアクライス」ではどうなるんでしょうか。希望としては、長身・黒髪・短髪、そして衣装があまり複雑でない*6キャラクターです。ファミ通を見た限りでは、今のところそういうキャラはいませんね。

そういえば今週のファミ通平野綾さんが表紙&グラビアでした。「これに釣られて内容も見ずに買って「ティアクライス」情報に驚愕」、とかいうパターンもなきにしもあらずだったのはヒミツです。これからも、声優として頑張って下さい。こなた最高。

さて、それでどのキャラクターをやる(やらない)にしても、まだこれからの情報待ちというところですね。本編の情報もそちらの情報も気になる、一人のファンの戯言でした。「ティアクライス」、今後の展開に期待です。そして、自分の文章力(分析力、洞察力、情報統合力など)が上がることも祈りつつ*7

*1:何度もリンク張ったりやトラックバックを送ったりしてすいません

*2:「愛」が足りない? スイマセン…

*3:マナーでもあると思う

*4:そもそも自分に似合わないと思う

*5:と思わせて下さい

*6:これが結構重要かも

*7:無理か

Powered by はてなブログ