約束の地

キャロの想い出

Linux

gsub メソッドを使ったら `gsub': no implicit conversion of nil into String と怒られるとき

結論 string#gsub(regex){ substring }を使う。 答え(大感謝!) 補足 {}内では変数展開することを忘れないようにしましょう。 例: { "foo#{$1}bar" } 時間がないため、とても荒っぽい記事ですいません。

Ubuntu 16.04 LTS における manet の default.yaml の場所

manet 素敵なウェブページスクリーンショットツールです*1。インストールが極めて簡単で、すぐに使うことができ、REST APIも完備しています。 *1:ちなみに「マネ」と読みます。なぜかはREADMEを

Nokogiri(というか XPath ?)のHTMLパースで属性値を指定した際にオブジェクトが取得できないとき

結論 属性値(プロパティ値)はすべて小文字で記述しないといけない。

Visual Studio Code にて超巨大なファイルを編集して保存する場合は上書き保存でないと固まる

おま環 いわゆるおま環の可能性はあります。

Visual Studio Code で絵文字が文字化けする場合は files.autoGuessEncoding を false にする

結論 標題で完結していますが、Visual Studio Code で絵文字*1が文字化けする場合は設定ファイルに以下のように書き込みます。なお、デフォルト値が存在している設定内容でも、大切な設定内容については明示的に書いておくのが私は好きです。 "files.autoGue…

SmartGit でリモートリポジトリのアドレスを変更する方法

SmartGit 最近お気に入りの GUI の Gitクライアント です。

DBeaver の絞り込みフォームの使い方

DBeaver 最近愛用している GUI の DBクライアント です。 DBeaver | Free Universal SQL Client

Docker で初めてコンテナを作ってボリュームをマウントする際はローカル側に用意しなければいけない

概要 長ったらしいタイトルですが、以下の記事の関連です。

.gitconfig の書き方

動機 git の設定の書き方や方法として、以下のような記述をよく見ます。 git config --global core.autocrlf input git config --global core.safecrlf true これはそのとおりなのですが、これを.gitconfig上に書く際の形式がなかなか見つからなかったので書…

Embulk の MySQL Output プラグインで大量のデータを転送するとエラーになる

Embulk の MySQL Output プラグイン これです。「Output」という名前が紛らわしいのですが*1、INSERT をする方のプラグインです。 *1:EmbulkからOutputする、という意味ですが私は結構混乱します

GitLab の特定のブランチだけの push を契機に Jenkins を発動させる方法(が分からなかった)

前提 GitLab を使う Jenkins を使う ポーリングはしない

lftp で -f オプションを使うとスクリプト実行ができる

lftpコマンド rsyncが使えない場合の救済手段、lftpコマンドです。 LFTP - sophisticated file transfer program

lftp コマンドの mirror で有用なオプション(といくつかの注意点)

lftpコマンド rsyncが使えない場合の救済手段、lftpコマンドです。 LFTP - sophisticated file transfer program

lftp コマンドで Certificate verification とエラーが出るときの対処方法

結論 ~/.lftp/rcというファイルをディレクトリ込みで作る*1 ~/.lftp/rcファイルに次の一行を書き込んで保存する set ssl:verify-certificate no これで、エラーが出なくなるはずです*2。 *1:後述の man に記載されている場所でも OK *2:あまり前向きな解決法…

Jenkins を cron の代替として使う場合には重複実行が防げる

Jenkins 今さら説明の必要はないかと……。

nginx で Jenkins(など)を https で利用する際の設定方法

結論 ここで全部語られていました。

Ubuntu 16.04 LTS にインストールされた Jenkins の設定ファイルの場所

結論 /etc/default/jenkins 補足 /etc直下を探しても、/etc/jenkinsを探しても見つからないので注意です。これでポート番号などを変更できますね。

メディアサーバの Plex がすごすぎる

Plex これです。 類似のプロダクトは多数ありますが、すべてこれで統一できちゃいました。 すごいところ フリー版でも機能が充実している(有料版はさらに充実している) 日本語化されている マルチプラットフォーム*1に対応している(サーバもクライアント…

SmartGit でリポジトリをグループ化する方法

SmartGit 最近とてもお気に入りのGitのGUIクライアントです。

MySQL で OUTFILE したら「Errcode: 2 - No such file or directory」と怒られた

結論 ファイルが書き出される先は MySQL が動いているマシンである。したがって、出力先の場所が MySQL が動いているマシン上にない場合は(パーミッションがない場合も)エラーになる。

Docker Compose でコマンドラインオプションを指定する方法

結論 以下のように「command」を書いて、「値」はそのままに(クォートしないで)書きます。 db: image: mysql container_name: my-mysql hostname: my_mysql command: --character-set-server=utf8mb4 --collation-server=utf8mb4_unicode_ci ports: - '123…

Redash で Google Analytics をソースにした場合は数字が文字列扱いになってしまう

Redash Redashのバージョンは3.0.0.b2996です。

Git の改行コードでハマった話

Git の改行コード Windows の環境が混ざると誰もが引っかかると言われている*1、Git の改行コードの話です。 *1:と思う

ConoHa の課金形態を勘違いしていた話

ConoHa ConoHaとは、「GMOインターネット」が提供するVPSサービスです。

Ubuntu 16.04 LTS で MySQL のデータを初期化する

MySQL のデータを初期化 MySQL のデータを全てリセットする、いわゆる工場出荷時の状態に戻す(ファクトリーリセット)的なことを行う方法です。

Linux Mint で Percona XtraBackup をインストールする方法

Percona XtraBackup MySQLのバックアップをするために便利なツールです。mysqldumpとよく比較されていますね。

Jenkins でビルド番号をリセット(変更)する方法

結論 スクリプトコンソール(http://JENKINS/script)で以下のスクリプトを実行する。 item = Jenkins.instance.getItemByFullName("YOUR_JOB_NAME_HERE") // THIS WILL REMOVE ALL BUILD HISTORY item.builds.each() { build -> build.delete() } item.upda…

Ubuntu 16.04 LTS に Zabbix 3.2 を MySQL を DB としてインストールする

結論 Ubuntu 16.04 + MySQL だと Zabbix 3.0 は入らないです*1 なぜならlibmysqlclient18が入らないから PostgreSQLやMariaDBならいけるっぽい なので3.2を入れます(3.2なら入る)*2 Apache2とMySQLとPHPが入っていないとダメです 当たり前ですが 依存パッ…

SmartGit で右クリックからローカルリポジトリのフォルダを開く方法

SmartGit SmartGitというGUIのクライアントを最近使っています。Windows、Mac、Linuxのマルチプラットフォーム対応なので、環境を統一しやすいという理由からです。 ローカルリポジトリのフォルダ(ディレクトリ)を開きたい やや操作や見た目が直感的でない…

Docker で Zabbix(Zabbix XXL)を起動した際にグラフで日本語の文字化けを防ぐ方法

結論 環境変数で以下を指定する。 ZBX_GRAPH_FONT_NAME=ipagp するとこんな感じになって「豆腐」が回避されました。 参考 公式のドキュメントに以下のように記載されています*1。 Note: Japanese users might want to set env. variable ZBX_GRAPH_FONT_NAME…

Powered by はてなブログ